子育て

2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?

shutterstock_50842156-500x334
子どもの成長はあっという間に過ぎてしまいます。
大きくなるにつれて、子どもの成長に差も様々に
なってきます。

初めての子育てのお母さんは我が子の成長はどんな感じなのか
、大丈夫なのかなど不安になることもあると思います。
だいたいの目安がわかれば不安が少し減ることもあるでしょう。

子どもの成長で、ここでは
2歳になる子どもはどのくらい話すということについて書いていこうと
思います。
参考になればいいなと思います。


●2歳児の発達の目安や特徴について

shutterstock_200477639-500x334
2歳になると自分でできることもだいぶ増え、なんでも自分でやろうとします。
行動範囲もどんどん広がって子どもの成長が強く実感できる時期です。

☆イヤイヤ期

やりたいという気持ちがどんどん出てきて、なんでも意欲的に取り組もうとする時期です。
しかしうまくできず、イライラしてしまうことも多くあります。
ついさっきまでニコニコしていたのに、急に、イヤ!、これがいい!、あっちに行きたい!という自己主張を始めて困ってしまうお母さんお父さんも多いと思います。
子ども自身もどうしてできないのか、何が不快なのか、本人もよくわからず、
癇癪を起す場合が多いです。
どう表現したらいいかわからないんだな、と少し冷静になってしばらくそっとしてあげるのが、上手な対処法です。

☆走る、ジャンプする

運動能力は飛躍的に向上し、歩くスピードもぐんぐん速くなります。
突然お母さんの先を走って行ってしまうこともあります。
また、両足でジャンプするなどいろいろな動きを見せてくれます。
手先もだいぶ器用になり、簡単な着替えなら自分でできるようになります。

☆自分で食べ始める

スプーンを使うなどして、少しずつ自分で食事することができるようになります。
なかには箸を使いたがる子どもいるようです。

☆大人のマネをして遊ぶ

2歳児は大人のマネをするのが大好きです。お母さんのマネをしてままごとで
料理を作ってみたり、遊びの内容にも個人差が出てくる頃なので、
この子はこんな遊びが好きなんだなという違いが見えて面白いという声もよく聞きます。
他の子にも興味が出てくるころですが、落ち着いて一緒に遊べるようになるのは
もう少し先です。


●2歳児はどのくらい話す?

lgf01a201407100600
2歳の子どもを育てているお母さんにとって気になるのが、
どのくらいの言葉を話せるのかということだと思います。

平均的には2~3歳だと2語文、3語文が出てくるくらいが
目安になります。
例えば
「わんわんいた」
「ママこっち」
「わんわんあっちいった」
「ママこっちきて」
などです。
1歳児のときと比べると言葉の数が増えてきます。

でも2歳になっても1語しか話せないから、言葉が遅れていると
不安になりすぎない方がいいです。
2歳の子どもはとても個人差がある時期なので、言葉を話すのが遅くても
他の面が先に成長していることも多いです。

環境によって言葉を話し始める時期が違うということもわかっていますので、
環境を変えていくこともおすすめです。

具体的には、能動的に遊ばせてあげることが大切です。
本の読み聞かせをしてそのことについて話してみたり、
お絵かきや工作を一緒にしてみたり、童謡などを歌ってあげるといった
参加できる遊びがいいでしょう。

反対にお勧めできないものは、テレビなど受動的に楽しめるものです。
受動的な遊びは考える力を育てることができないので、
言葉を話すのが遅かったり、幸福度が低くなってしまったりします。
テレビを完全に見せないようにする必要はありませんが、
テレビは1日に2時間までといったルールを決めて子どもと接していくといいでしょう。

普段からたくさん話しかけてあげることが大切です。


●まとめ

2歳児の発達には個人差が大きくなってきたりします。
周りの子どもに比べて少しでも遅れていると感じて不安になることもあると
思います。しかし幼児期の発達に個人差はつきものです。
普段からたくさん話しかけるようにしていくことも大切です。